切手買取のおすすめレパートリー

換金や王道に利用するのが一番

換金や王道に利用するのが一番

切手を処分しようと思っても、やはり使わないのはもったいないと思います。とはいえ、それが大量にあると一枚一枚ハガキに使うというわけにはいきません。ですが案外処分の方法は色々あります。例えば、王道に郵便物に使う方法があります。

日本郵便のゆうパックなどには切手が使えます。通常のハガキなどよりも送料が高い為、多く使えます。ただし何十枚も少額の切手を貼ると見栄えが悪いので、大切な方や目上の方への荷物を送るのにはNGかもしれませんね。親しい友人やそれを送っても問題ない相手や場所に限り使えます。また最低限同型の切手を揃えたりして、見栄えよくした方が良いでしょう。

ちなみに経験談としては、自宅へゆうパック集荷依頼をした時に、親切な集荷ドライバーさんだと、大量の切手を出してもそれで勘定してくれたりします。ただ、忙しい時やそっけないドライバーさんの場合は、できない場合もあります。この辺りは地域差があるかもしれません。

次の処分方法としては、ネットオークションで売って現金に変える方法です。もしすぐに切手を現金化したいなら、切手の総額と送料を踏まえた上で、若干安めの価格でオークション出品するのが手です。あくまで仮の価格として、切手総額が5000円なら、4500円(送料無料)などで出品するといった具合です。価格差は個人の裁量で構いませんが、高く売りたいなら、少々時間がかかるかもしれません。安い方が早いと思われます。この場合、落札者としては「500円も普通に買うより安い!」とお得感がありますし、出品者側も「現金化できた♪」と双方にメリットがあるので意外と切手オークションはニーズがあるのです。

また所詮切手は薄っぺらいものなので、落札された際の送料は安ければヤマト運輸のクロネコメール便82円(記録付き・配送事故補償なし)などで安価で相手に発送できます。送料を負担しても良いかもしれません。厚い梱包をしたいとかというなら、日本郵便のポスパケットやレターパック(360~510円)などで送るのも手でしょうし、ポスパケットならその送料代として切手を使うという手もあります。このように、やはり王道に郵便物に使ってしまうか、換金するのが一番だと思います。まずは面倒臭がらずに、切手を揃えてどれだけあるかを把握してみましょう。

切手買取のおすすめレパートリー

記念切手を大切な人への手紙として

記念切手を大切な人への手紙として

記念切手はその時にしか手に入れる事の出来ない貴重な切手ですよね。趣味で集めている人もいれば、偶然頂いた場合や、素敵だからと購入してみた人もいると思います。記念切手の使い道が分からないという人はとても多く、その理由も価値があるが故になかなか使えないと考える人ばかりだと思います。

普段使いの切手として使ってしまうのは何だか勿体無いけれど、集めたり保管しておくのもなぁと思っている人もたくさんいますよね。ではどんな時に記念切手を使うと良いのかですが、せっかくの記念切手なので、大切な人への手紙に想いを込めて届けるのはどうでしょうか。

特別に意味を込める必要の無い相手に記念切手を使うのはちょっとと言う人も、大切な人を相手に使う記念切手には意味が残ります。手紙を受け取った側も、記念切手には喜びを感じるでしょうし、わざわざ記念切手を選んでくれた想いも必ず伝わるでしょう。会社等でも、大切なお客様に記念切手で手紙を送る事があるそうですが、お客側としても心の籠った手紙だと感じる事が出来ますよね。

記念切手を保管して眺めるのも素敵ですが、本来の役割である切手として、より一層意味のある使い方をする事でそれも一つの記念となるのではないでしょうか。